ブシロードがブロッコリーと業務提携、株式3.89%獲得で第3位株主

提携

 M&Aや出資を通じて、エンタメ業界内で事業拡大を進めるブシロードが、また新たな動きを見せた。ゲームやキャラクター・音楽事業のブロッコリーとの業務提携を2020年11月17日に発表した。
 業務提携では共同でのコンテンツ、サービス企画・研究・開発、また製造や販売を実施する。ブロッコリーは、近年は女性ファンから絶大な支持を受ける『うたの☆プリンスさまっ♪』やトレーディングカードゲームの『「Z/X-ZillionsofenemyX-』といった有力タイトルを保有する。事業は順調だ。
 ブシロードとブロッコリーは事業モデルや商材が似ており、ターゲットするファン層の重なりも大きい。両社が効率的な連携が出来れば、もたらす利益は大きい。

 ブロッコリーは1994年に、ブシロードの創業経営者木谷高明氏が設立したキャラクター事業会社である。2001年にJASDAQに上場、その後タカラ、ガンホーなどに経営権が移った。さらに経営不振期を経て、アニメイト、ハピネットが新たな株主になり経営を経ち直した経緯がある。木谷氏は2007年にブロッコリーを離れている。
 今回業務提携第1弾としてリブートプロジェクトになる「デ・ジ・キャラット」は、木谷高明氏が経営者時代の主要コンテンツである。提携を通じて古巣の人気コンテンツの復活を目指す。

 ブシロードは業務提携に先立って、2019年9月から12月まで期間に市場にてブロッコリーの株式を買付けていた。発行済み株式総数で3.89%、およそ7億円にあたる。これと伴に、両社の協業を探っていた。
 現在のブロッコリーの株主は1位がハピネット25.1%、アニメイト7.7%と、上位2社にアニメの有力企業が並ぶ。ブシロードはこれに続く第3位の株主だ。4位以下は機関投資家が中心で、今後ブロッコリーは、この3社との連携を軸に事業展開が進みそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2021
     9月1日に発刊された『デジタルコンテンツ白書2021』が、2020年のコンテンツ産業と関連各分野の…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る