東映アニメ役員異動人事、森下孝三会長らが退任

企業ニュース

 東映アニメーションは2020年5月25日に取締役会を開催、今年度の役員の異動人事を内定した。内定した異動は、6月24日開催予定の定時株主総会と取締役会を経て正式決定する。
 代表取締役社長の高木勝裕氏は重任し、引き続き経営の指揮を執る。また常務取締役の吉谷敏氏が専務取締役に、取締役の北﨑広実氏が常務取締役にそれぞれ昇格する。
 さらに執行役員の布施稔氏、鈴木篤志氏が、新たに取締役に就任する。布施氏は経営管理本部経理部長、資金室長、会計室長、業務推進部長などを務めている。また鈴木氏は営業企画本部企画部長、IP戦略室長、プロモーション室長などの要職にある。社外取締役では、東映の代表取締役社長就任が内定している手塚治氏が就く。

 またこのタイミングで、取締役会長の森下孝三氏、専務取締役の久保田譲氏、常務取締役の清水 慎治氏が退任することも決定した。
 森下氏は1948年生まれ。1970年に東映動画(現東映アニメーション)に入社後、演出を経て、プロデューサー、そして会社経営と東映アニメーションを支えてきた。プロデューサーとして『聖闘士星矢』、企画として『ドラゴンボール』などのヒット作がある。2014年より取締役会長を務めている。日本のアニメ業界の重鎮でもある。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
ページ上部へ戻る