TBSがベンチャー企業投資を拡大 30億円の2号ファンド設立

ファイナンス決算

 東京放送ホールディングスは子会社であるTBSイノベーション・パートナーズを通じて、ベンチャー企業投資を向けたコーポレートベンチャーファンド「TBSイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合」を設立することを明らかにした。
 2013年の1号ファンドに続くもので、運用資金は1号ファンドの18億円を上回る30億円。2018年4月中に設立する。

 TBSイノベーション・パートナーズは、グループの新規事業開発を目的に設立されたものだ。ベンチャー企業への出資、連携、協業を推進している。今回、1号ファンドの運用資金18億円の投資がほぼ終わったことから、2号ファンドの組成につながった。

 1号ファンドでは、デジタルメディア「cakes」を運営するピースオブケイク、ドローンのナビゲーション支援のブルーイノベーション、Google Cloud Platform導入支援のクラウドエース、位置情報連動情報配信プラットフォーム「popinfo」のアイリッジ、資産管理サービスのマネーフォーワードなどに出資している。
 投資領域はドローンからGSP、フィンテックと様々だ。放送事業に直接関係ある分野というよりも、インターネットやITのテクノロジー関連の企業が中心となっている。将来的にテクノロジーと放送事業をさらに融合させたいとの方向性が見える。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る