竹書房、米国クラウドサービス企業をマンガ著作権侵害関連で訴訟

企業ニュース

 ネットを通じたコンテンツの流通が拡大するなかで、近年日本のマンガ・アニメの人気が再び拡大している。日本でのリリースと同時に、最新作が楽しめる環境の変化も大きな理由だ。
 しかし同時に、違法で作品をネット上にアップロードする海賊サイトの問題は依然深刻だ。違法アップロードするサイトは後を絶たず、削除要求もイタチごっこで、要請に応じないケースも多く、権利者の利益阻害している。

 そうしたなかで、2020年に向けて出版社からの大きな動きが明らかになった。雑誌「まんがくらぶ」や『ポプテピピック』の刊行で知られる竹書房が、米国のクラウドフレア(Cloudflare,Inc.)に対して東京地方裁判所で民事訴訟を行った。2019年12月20日付で、これが受理された。
 クラウドフレアは大手のサーバー提供会社で、違法コンテンツをアップロードする海賊サイトの利用が多いことで知られている。竹書房はクラウドフレアが自社を含めた多数の作品を違法アップロードするサイトにサーバーを提供していることを問題視し、サーバーからの削除と損害賠償の支払いを求めた。同社のwebコミックガンマで連載するマンガ家のハナムラ氏も訴訟に協力する。
 
 サーバーの提供自体は、直接は著作権侵害に当たらない。しかし著作権侵害者にサービスすることで容易に著作権侵害を行える環境を提供しているとするのが竹書房の立場だ。また今回の件はすでに米国連邦地方裁判所において権利侵害の一定の公的な判断も出ているとする。竹書房側は、訴訟に対して自信を持っているようだ。

 今回の訴訟で竹書房の主張が通れば、海賊サイト対策は大きく進む。海賊サイトの膨大なアクセスをカバー出来るサーバーはそれほど数が多くなく、一気に違法アップロードを少なくすることが出来る。他のサーバー会社も違法サイトの受け入れに慎重になるだろう。
 長年、違法サイトへの対応が不充分とされてきた日本の出版社だが、竹書房に限らず近年は積極姿勢に転じつつある。人口減もあり、国内の需要は今後伸び悩むとみられている。そのため成長が見込まれる海外展開に本格的に取り組む会社が増えている。違法サイトはその最大の障害になるため、本格的に取り組まないわけにいかない。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る