サイバーエージェント、「CAAnimation」第1弾アニメ製作「IDOLY PRIDE」発表

『IDOLY PRIDE』

 IT大手のサイバーエージェントが、自社グループのアニメレーベル「CAAnimation」の最初のアニメ製作を明らかにした。テレビアニメ『IDOLY PRIDE』だ。2019年12月9日、配信番組「第1回IDOLY PRIDE情報解禁スペシャル生放送」内で発表した。
 アニメの詳細は、2020年3月に公開を予定している。3月に開催する大型アニメイベントAnimeJapan 2020の作品参加も決まっているから、これと合わせたタイミングでの発表となりそうだ。

 サイバーエージェントは近年アニメ事業への進出に積極的で、「CAAnimation」は2018年10月18日に同社のアニメレーベルとして設立された。当初よりオリジナルアニメへの参入を目的に掲げており、『IDOLY PRIDE』もメディアミックスのオリジナル企画となっている。音楽やアイドル、ゲーム展開といった幅広い展開が今後期待される。レーベル設立から1年あまり、早くも大きく動き出す。
 『IDOLY PRIDE』は、サイバーエージェントのグループ会社QualiArtsが進める。またサイバーエージェントグループのほかに、大手音楽事務所のミュージックレイン、クリエイティブマネジメントのストレートエッジなど有力プレイヤーが協力する。大規模なメディアミックス展開で認知度の拡大を広げる。

 「IDOLY PRIDE」プロジェクトの特徴は、ミュージックレイン所属の声優アーティストが多数参加することだ。寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生、麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜らの出演が決まっている。
 また「第3回ミュージックレインスーパー声優オーディション」の合格者も出演する。「ミュージックレインスーパー声優オーディション」は、第1回、第2回で人気声優を数多く生み出した。声優ユニット・スフィアのメンバーやTrySailのメンバーを輩出している。
 人気声優と大型プロジェクトで共演することで、第3回合格者の知名度と人気拡大につなげる狙いもあると見られる・

『IDOLY PRIDE』
https://idolypride.jp/

原案: 水澄佳希(QualiArts)、安達薫(ストレートエッジ)、花田十輝(SATZ)
原作: Project IDOLY PRIDE
キャラクターデザイン原案: QP:flapper
音楽: ミュージックレイン/QualiArts
楽曲制作: 大石昌良、沖井礼二(TWEEDEES)、北川勝利(ROUND TABLE)、さかいゆう、田中秀和(MONACA)、やしきん、kz(livetune)、Q-MHz、Wicky.Recordings

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  2. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  3. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
ページ上部へ戻る