創通 2016年通期は前年並も、M&Aや海外視野に積極的な成長狙う

ファイナンス決算

2016年10月7日、アニメ企画・製作の創通が2016年8月期の通期連結決算を発表した。売上高は前年比で3%減の231億8500万円となったが、アニメ製作投資事業の収益の改善もあり、営業利益は35億円(2.6%増)、経常利益も35億円(3.2%増)、当期純利益は22億8300万円(9.1%増)とやや増加した。引き続き堅調であった。

このうちメディア事業は売上高173億5600万円(2.4%減)、営業利益は11億8300万円(32.6%増)である。売上高の減少は、プロモーションで大型案件の受託がなかったことが響いた。利益の伸びはテレビアニメの収益率改善が貢献した。
期中のプロデュース作品は前期並みの27作品になる。期間中の主な出資作品は「カードファイト!!ヴァンガード」シリーズや『リルリルフェアリ』、『アクティヴレイド』、『クロムクロ』、『ダンガンロンパ3』などだ。ガンダムシリーズは『鉄血のオルフェンズ』、『ガンダムUC RE:0096』があった。

一方ライツ事業は52億1800万円(5.9%減)で2期連続で減少となった。営業利益も11億8300万円で課金型ゲームからの版権売上げが減少傾向になっているガンダムシリーズは前期の40億1300万円から38億5800万円に、ガンダムシリーズ以外でも13億6000万円と前年の15億3100万円から減少している。新しいヒット作がなく、配分収入が減少したとしている。

2016年の業績を受けて、2017年8月期業績予想は、やや保守的となった。売上高は210億円、営業利益と経常利益は31億5000万円、当期純利益は20億6000万円と16年8月期より10%程度低くなる。これはアニメ事業においてプロデュース作品数の減少が見込まれるためだ。
全体に保守的になる中で、イベント事業は2億9700万円から6億円と大きな伸びを予想している。こちらは新たにイベント専門組織を立ち上げる。

2017年8月期に対して、中期事業計画は今後も積極的だ。5年後の売上高300億円、海外売上比率10%、営業利益率15%を掲げている。
アニメ企画・製作では年間2本から3本のペースで自社原作作品を投入する。さらにキャラクターグッズメーカーと協業することで、周辺事業を広げる狙いだ。国内事業の拡大にあたってはエンテインメント企業のM&Aを視野に入れる。

海外売上げは2016年8月期で過去最高の10億4900万円を実現したが、17年8月期はこれを12億円としている。さらに中期計画で30億円となるため、今後さらに大きな拡大が必要となる。
2016年に香港、シンガポール、中国・北京、タイ・バンコクで開催するキャラクターイベントは2017年、2018年も継続する構えだ。さらに海外企業との合弁事業による多角化も目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る