バンダイナムコアーツ 新任取締役に濵田健二氏と上山公一氏

企業ニュース

 バンダイナムコホールディングスは2019年2月6日に、主要グループ企業の役員人事を発表した。このうち映像音楽事業を主幹するバンダイナムコアーツでは、新たに2名の取締役を登用する。
 2019年4月1日付で、上席執行役員でIP プロデュース本部本部長の濵田健二氏とIPプロデュース本部長クリエイティブ部長の上山公一氏が昇格する。取締役の松村起代子氏は、非常勤の取締役に異動する。
 バンダイナムコアーツは、2018年4月にアニメ・映画企画・製作のバンダイビジュアルと音楽会社のランティスの経営統合により誕生した。濵田氏と上山氏ともバンダイビジュアル出身で、アニメの企画・プロデュースで経験が豊富だ。
 

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ビリビリ ファニメーション
     2019年3月23日、国内最大規模の総合アニメイベントAnimeJapan 2019が、4日間の予…
  2. Syd Mead未来会議Vol. 04
     日本のSFアート、デザイン、設定を語る時に避けて通れない存在、それが「スタジオぬえ」だ。1974年…
  3. 『愛なき森で叫べ』
    ■世界に知られた映画監督をドラマシリーズに起用  世界の優れた映画・ドラマをグローバルにつなぐこと…
ページ上部へ戻る