バンダイナムコアーツ 新任取締役に濵田健二氏と上山公一氏

企業ニュース

 バンダイナムコホールディングスは2019年2月6日に、主要グループ企業の役員人事を発表した。このうち映像音楽事業を主幹するバンダイナムコアーツでは、新たに2名の取締役を登用する。
 2019年4月1日付で、上席執行役員でIP プロデュース本部本部長の濵田健二氏とIPプロデュース本部長クリエイティブ部長の上山公一氏が昇格する。取締役の松村起代子氏は、非常勤の取締役に異動する。
 バンダイナムコアーツは、2018年4月にアニメ・映画企画・製作のバンダイビジュアルと音楽会社のランティスの経営統合により誕生した。濵田氏と上山氏ともバンダイビジュアル出身で、アニメの企画・プロデュースで経験が豊富だ。
 

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る