プロデュース作品減少が響く 創通の通期決算、二桁の減収減益

ファイナンス決算

 アニメ企画・製作の創通の2017年8月期業績が伸び悩んだ。2017年10月6日に発表した連結決算は、売上高が195億6500万円の14.3%減少で5年ぶりに200億円を割った。
 また営業利益は30億2500万円(13.5%減)、経常利益は29億6800万円(15.2%減)、当期純利益は20億4200万円(10.6%減)だった。いずれも二桁減少と2010年代前半に見せた成長の勢いに陰りが見える。

 売上と利益の減少は、アニメ製作・企画が中心のメディア事業の影響が大きい。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2章や『それいけ!アンパンマン』といった作品はあったもののプロデュース作品数が前期より減少したことが響いた。これがアニメ制作の受託収入、提供料収入の減少につながった。またキャラクター関連の大型プロモーションや広告案件も減少した。
 メディア事業の売上高は138億3500万円(20.3%減)、営業利益8億4400万円(28.7%減)である。

 ライツ事業の売上高は52億1200万円(0.1%減)で前期並み。営業利益は22億500万円(5.6%減)である。
 「ガンダム」シリーズのライセンス事業は、ほぼ計画通りとなった。ガンダムシリーズ以外では、新作の大きなヒット作はなかったが、過去作品の配信関連のライセンス収入の増加が支えた。
 全体売上高に占める割合は小さいが、イベント事業が成長している。2015年8月期の2億6700万円、16年の2億9700万円から、17年は4億8200万円まで拡大した。これまで運営してきた国内外のアニメ・キャラクターイベントのC3とソニー・ミュージックンタテインメントの子会社のSOZO が開催してきたAFA(Anime Festival Asia)を期中に統合した効果がでている。2017年は従来のシンガポール、香港、東京に加えて、タイ・バンコク、インドネシア・ジャカルタのイベントが加わった。2018年は16年に開催されたが17年は実現しなかった中国・北京のイベントも目指す。18年8月期のイベント売上高は8億円を見通している。

 来期は全体でも、増収増益を目指す。売上高は210億円、営業利益は31億2000万円、経常利益は31億3000万円、当期利益は21億円。売上高は再び200億円を超える見通しとしている。プロデュース作品が増加することを織り込んだ。ライツ事業でも主軸であるガンダムシリーズは国内が堅調に推移し、さらに海外での拡大を見込む。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る