「ひるね姫」9月8日に米国公開 GKIDS配給で34館をリストアップ

映画ビジネスのニュース

 国内では2017年3月に全国公開された『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』が、9月8日から米国公開をスタートする。配給は良質のアニメーション映画をピックアップすることで定評あるGKIDSが手がける。国内ではこれまで英語タイトルを『Ancien and the Magic Tablet』としていたが、米国公開にあたっては、邦題そのまま直訳の『Napping Princess』を採用している。
 8日にまず、ニューヨークとロサンゼルスでまず公開、翌9日にはワシントンDC、サンディエゴ、ダラス、ホノルルなどの10都市に拡大する。GKIDSの公式サイトの作品紹介では、9月29日まで全34館をリストアップしている。
 
 『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』は、アニメ監督の神山健治氏が原作・脚本・監督を務めるオリジナルの長編映画、2020年の東京オリンピック前を舞台に、陰謀に巻き込まれた女子高生ココネとその父親モモタローの冒険と活躍を描く。
 ヒロインが夢と現実を行き来するファンタジックなストーリーに、東京オリンピック、AI、自動運転車といった現代的なアイテムをたっぷり盛り込んだ。神山健治監督らしい時代性と、テーマ設定が魅力となっている。

 GKIDSは2008年に設立された映画会社で、米国内、そして海外の良質の子ども向け映画、アニメーションの配給でよく知られている。その作品には、日本アニメからスタジオジブリの作品、『サマーウォーズ』、『百日紅』などもある。
 また、ニューヨーク国際子ども映画祭の主催者としてもお馴染みだ。『ひるね姫』は今年の映画祭のクロージングタイトルにも選ばれている。GKIDSが力をいれる作品と言っていいだろう。

 またGKIDSはメジャー映画のような大規模な配給をしない一方で、作品への確かな選択眼とメディアなどに向けたプロモーションのうまさに定評がある。『かぐや姫の物語』、『思い出のマーニー』を含めて全部で7つの米国アカデミー賞長編 部門のノミネートを送り出している。
 一方で配給作品は少なくない。2017年のアニメーション映画は『マイ・ライフ・アズ・ア・ズッキーニ』、『手を失くした少女』などに続き4本目になる。また『メアリーと魔女の花』の今冬公開も発表している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る