アヌシーで日本アニメ100年 特集企画や「AKIRA」「パーフェクトブルー」「ヤマト復活篇」上映

アヌシー ANIME NEXT 100

 2017年6月12日から17日まで、フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭にて、日本のアニメーション特集が開催される。1917年に国産アニメーションが初めて上映されてから、今年で100年を迎えたのを記念したものだ。
 日本動画協会が中心になり、「ANIME NEXT 100」をテーマにしたプレゼンテーションや特別上映を実施。日本のアニメーションにおける長い歴史と多様性を紹介する。

 まず注目されそうなのは、期間中、2度上映される「Annecy Classics: 100 Years of Japanese Animation」だ。古典作品を紹介する映画祭のプログラムのひとつとして、1920年代から1940年代にかけての短編をまとめて上映する。村田安司の『漫画 瘤取り』や、大藤信郎の『春の唄』、政岡憲三の『マングワ 新猿蟹合戰』、瀬尾光世の『アリチャン』など、日本でもスクリーンの上映の機会が少ない作品が揃った。
 また長編映画でも、1988年の『AKIRA』(大友克洋監督)、1997年の『パーフェクトブルー』(今 敏監督)がラインナップされた。いずれも世界的な古典とされる作品だ。珍しいところでは、2009年に劇場公開された『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』がある。これまであまり海外に出たことのなかった作品だけに、現地のファンにとっては貴重な機会になりそうだ。
 
 6月14日には、映画祭と併催される国際見本市MIFAで、「The Future Of Japanese Anime」と題したプレゼンテーションを実施する。「日本アニメーションの遺産」「教育と育成」「アニメの未来」など、「ANIME NEXT 100」の2020年までに取り組みを紹介する。

 2017年は短編部門や学生部門では、日本からの公式出品が少なくやや寂しい結果になっている。一方で、長編部門では『聲の形』、『夜明け告げるルーのうた』、『この世界の片隅に』の3本がコンペインした。また、アニメーション映画『GODZILLA』、『劇場版 マジンガーZ』、『BLAME!』などが様々なかたちで紹介される。
 さらに今年は「ANIME NEXT 100」、東京都の「ANIME TOKYO」での企画ピッチやブース出展など、作品上映以外での進出も目立つ。巨大化するアヌシーのなかで日本の存在感も増している。

 しかし、存在感を大きくしているのは日本だけでない。2017年はゲスト国として中国が取り上げられ、中国のアニメーションの歴史が披露される。MIFAにも中国からの大掛かりな出展が予想される。
 韓国は、アヌシー・アジア映画祭の立ち上げ記者会見を予定。香港は地域特集「Territory Focus」に登場する。東アジアの各国が、アヌシーの活用に動いている。
 逆にこれはアヌシーの東アジア重視の流れとも見える。ヨーロッパの映画祭が米国、カナダを巻き込むことで変貌を遂げたように、今度は東アジアにアプローチすることでさらなるグローバル化を目指すのかもしれない。ヨーロッパ、北米、アジア、そしてさらに多くの地域、2017年のアヌシーはさらに国際色を豊かにしそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る