東映アニメーションが企画部門と制作部門を統合、企画製作本部を新設


東映アニメーションは6月28日で組織変更を行い、新たに企画製作本部、そして営業本部を新設した。企画製作本部長には北﨑広実氏(映像企画部長・映像企画室長・メディア企画室長)が、営業本部長には辻秀典氏(ライセンス事業部長・版権営業室長)が就任した。

企画製作本部は、これまでのテレビ企画部と映像企画部を製作本部に統合する。企画製作本部は製作管理部、製作部、デジタル映像部、テレビ企画部、映像企画部の5部門から構成される。アニメーションの制作だけでなく企画・製作をするプロダクションとしての原点回帰を目指す。周辺事業や海外事業での新たなチャレンジをするという。また企画部門と製作部門を統合することで、製作スケジュールの改善や作品のクオリティの向上も狙っている。企画・製作と制作をよりシームレスにするものと言えそうだ。
一方、営業本部は、これまでのライセンス事業部と商品事業部を統括する本部になる。二次利用の拡大と収益の拡大を目指す。また両部門がそれぞれ設けていたふたつの業務室は、7月1日付で業務推進部に統合された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る