任天堂がダイナモピクチャーズ買収、ニンテンドーピクチャーズとして映像制作

提携

 任天堂は2022年7月14日、CG映像制作の中堅会社ダイナモピクチャーズの全株式を取得、子会社化すると発表した。14日付けで両社間の譲渡契約が締結された。
 ダイナモピクチャーズは2022年10月3日付で、任天堂の子会社となる。また商号を「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」に変更する。任天堂IPの映像コンテンツの制作が主要事業となる予定だ。株式譲渡価格は非公表。

 ダイナモピクチャーズは1991年設立のスタジオダイナモを前身に2011年3月に設立、独立系のCG映像制作会社として経営されてきた。CG映像制作を軸に、映画、ゲーム、テレビ、テーマパーク向けのVRコンテンツなど幅広い分野の映像作品を手がけている。
 アニメ分野では『攻殻機動隊 SAC_2045』、『アーヤと魔女』、『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』などの制作に参加している。ハイエンドなフルCGアニメも得意とし、技術力の高さが売りとなっている。

 任天堂によれば今回の買収は、グループの映像コンテンツの企画制作体制を強化するためだとしている。
 近年はCGを含むアニメーション制作はスタジオ不足が顕著になっている。クオリティの高い映像を安定的に確保するのには労力がかかる。そこで映像制作に定評があるダイナモピクチャーズを子会社化することで、機動的な制作が可能になるとの側面がありそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る