U-NEXTの課金ユーザー427万人 Paravi統合効果で大幅増収増益

ファイナンス決算

 配信プラットフォーム大手U-NEXTの業績が急拡大している。2024年4月9日、U-NEXT HOLDINGSは2024年8月期第2四半期決算を発表した。連結売上高は前年同期比13.8%増の1522億4900万円、営業利益は65.7%増の158億1300万円と大幅な増収増益となった。
 なかでも動画配信などU-NEXTを中心とするコンテンツ配信事業は、伸びが大きかったひとつだ。第2四半期までに売上高は525億6700万円(36%増)、営業利益は43億7300万円(32%増)と、いずれも3割を超える伸びとなっている。

 コンテンツ配信事業の成長は、2023年6月のParaviとの経営統合効果が大きい。それまでおよそ290万人であった課金ユーザーは、統合により一挙に386万人まで拡大した。その後も会員は増え続け、2024年第2四半期末の段階で課金ユーザーは427万人、前年同期比で135万人増にまでなった。この結果APR(一年間に見込める課金ユーザーからの収入)は、およそ1000億円規模になった。
 規模の拡大は、業界におけるポジションも向上させている。U-NEXT はGEM Partnersの調査レポートを引用し、2023年の業界シェアが過去最高の15%であったとしている。これはシェア22%のNetflixに続くもので、13%のAmazon Prime Videoや9%のDisney+を上回る。かつNetflixが前年比でシェアを落としたのに対して、U-NEXTはシェアを拡大している。

 U-NEXTは自社の強みについて、動画だけで36万本という作品数の多さ、見放題と都度課金のハイブリッドなビジネスモデル、月額1200 円分のポイント提供などを挙げている。今後も作品のカバーの多さ、ラインナップの豊富さで差別化する構えだ。
 同時にU-NEXTでしか見られない独占配信作品も強化するとしている。またこれまで注力してきた映画、アニメ、ドラマだけでなく、スポーツと音楽を強化するとしている。かなりの積極路線だ。
 U-NEXTは好調な業績から通期業績予想を上方修正した。このなかでコンテンツ配信事業の通期売上高は1080億2000万円、営業利益は84億円と予想した。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 「アニメーションの表現」
     2023年10月23日から11月1日まで開催されている第36回東京国際映画祭は、昨年より上映本数、…
  3. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
     日本を代表するアニメーション作家として、いま“和田淳”を筆頭に挙げる人は多いだろう。2010年に『…
ページ上部へ戻る