KADOKAWA、タテ読みコミック英語版を配信プラットフォームで世界展開


 KADOKAWAは、世界的にビジネス拡大が進む縦スクロール型のマンガ作品の世界展開に乗りだす。海外向けの自社電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER Globalで縦スクロール型マンガの英語版「TATESC COMICS」の提供を開始した。「TATESC COMICS」は、KADOKAWAとブックウォーカーが国内でフルカラー縦スクロールマンガのブランドで配信している「タテスクコミック」の英語版にあたる。
 2022年11月19日には、米国ニューヨークで開催された大型アニメイベント「Anime NYC 2022」で20タイトルのリリースを発表。来年度の早い時期に100タイトルまで拡大をして作品を配信、スタートから大きなビジネスを目指す。

 縦スクロール型のマンガは縦にスクロールしながら読むマンガ作品で、特にスマホで気軽に読めると世界的に人気が高まっている。韓国や中国では一般的で、現在は日本をはじめとするアジアの広い地域や欧米でも作品や読者が増えている。KADOKAWAは、世界的な成長市場の取り込みの狙う。
 KADOKAWAはこれまでも国内外の電子書籍の配信事業で成功している。ブックウォーカーは2005年にKADOKAWAグループのデジタル戦子会社ブックウォーカーとして誕生以来、国内有数の電子書籍配信プラットフォームとして成長を続けている。
 「BOOK☆WALKER Global」は2010年には同様のサービスを海外向けに提供するとして立ち上がった。英語版のマンガやライトノベルの豊富なタイトルが特徴だ。2021年夏には自社翻訳による作品の配信事業もスタートした。今回はこの配信タイトルのなかに自社タテ読みマンガを加えて、主要なラインナップにする。さらに今後は自社以外の他出版社の縦スクロール作品の取り入れも進める。

BOOKWALKER Global https://global.bookwalker.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
  2. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  3. 「アニメーションの表現」
     2023年10月23日から11月1日まで開催されている第36回東京国際映画祭は、昨年より上映本数、…
ページ上部へ戻る