2021年国内コミック市場6759億円 過去最高更新、紙も堅調 出版科学研究所が公表

マンガ

 出版のデジタル化に後押しされて、国内のマンガ(コミック)の市場拡大が続いている。出版業界の調査をする全国出版協会・出版科学研究所は、このほど2021年の紙出版とデジタル出版を合わせた国内マンガ市場が6759億円になったと発表した。紙出版の販売額とデジタル出版のユーザーの支払額を合算したもので、デジタル出版内における広告出稿は含まない。
 6759億円は前年比で10.3%増の高い伸びで、前年(2020年)に続いて過去最高になる。4年連続の増加にもなっている。出版市場全体におけるコミックの割合は、40.4%まで拡大している。

 市場の伸びはデジタル出版の急成長に牽引されている。デジタル市場は前年比20.3%増で4114億円。初めて4000億円を超えた。紙市場は2.3%減だった。
 ただし紙出版が不調というわけでない。マンガ雑誌(コミック誌)の558億円(11%減)に影響されたが、マンガ単行本(コミックス)は0.4%増の2087億円であった。3年連続の増加になる。特に2020年に『鬼滅の刃』ブームで大幅増加した後だけに、2年連続で2000億円台は大きい。
 2021年は『呪術廻戦』、『東京卍リベンジャーズ』のヒットが大きく、マンガアプリや Web 連載作品からもヒットが生まれたとしている。デジタルと紙の補完関係も生まれているようだ。

全国出版協会・出版科学研究所
https://shuppankagaku.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る