「ウマ娘」好調も サイバーエージェント第3四半期業績が急伸

ファイナンス決算

 IT大手のサイバーエージェントの業績が急拡大している。7月28日に発表された2021年9月期第3四半期の決算は、売上高、利益とも前年比で大幅な伸びとなった。連結売上高は4867億3200万円と36.1%増、営業利益775億1300万円(171.9%増)、経常利益777億9900万円(173.3%増)、当期純利益330億4400万円(462.1%増)だった。
 好調な業績を受けてサイバーエージェントは、今期の2度目の通期連結業績予想の引き上げをした。新しい予想では売上高が6500億円、営業利益と経常利益がそれぞれ1000億円、当期純利益は400億円とした。

 全体の中で特に好調なのは、ゲーム事業である。売上高1863億3500万円は前年同期比59.5%増、営業利益685億8900万円は前年の約2倍になる。
 高い伸びを支えるのは『ウマ娘 プリティーダービー』の貢献が大きい。サービス提供開始から約5カ月、7月20日には累計ダウンロード数は早くも900万を超えている。今後は同作のロングランヒット化が業績維持で大きな鍵を握りそうだ。

 広告事業も売上高が過去最高の2390億8200万円(17.0%増)、営業損益は181億4400万円(5.9%増)だ。広告効果の最大化を売りに、緊急事態宣言などによる広告需要減を乗り越えた。

 動画配信の「ABEMA」を軸としたメディア事業は売上高が伸びているが、依然赤字が続いている。売上高は大きく伸びて601億7300万円(52.6%増)だが、営業損失112億1500万円を計上している。コンテンツ強化と視聴者の獲得を目指した積極投資を続けているためである。1週間あたりのユーザーはおよそ1400万人前後となっている。
 オリジナルコンテンツは特に力をいれており、『箱庭のレミング』『私たち結婚しました』といったドラマ、ライブやスポーツ中継などを売りにしている。
今後は広告、課金収入を強化すると共に、周辺事業の開発も鍵になる。早期の黒字化も必要とされているだろう。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2021
     9月1日に発刊された『デジタルコンテンツ白書2021』が、2020年のコンテンツ産業と関連各分野の…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る