テレビ東京、BSジャパンが11月7日に本社移転 再開発エリアの六本木グランドタワーに

企業ニュース

テレビ東京ホールディングスとグループ会社のテレビ東京、BSジャパンは、11月7日付で本社を東京港区虎ノ門4丁目から港区六本木3丁目の再開発地区の六本木グランドタワーに移転した。グループ統括会社であるテレビ東京ホールディングス、そして地上波と衛星波のふたつの放送局が拠点を移す。
テレビ東京が虎ノ門に本社を設けたのは1985年、それから31年ぶりの移転となる。テレビ東京グループは虎ノ門を中心に複数のビルにオフィスや設備が分散していたが、これを機に放送事業を集約する。
一方、関連会社やふたつのスタジオが入居する品川区天王洲スタジオは、新社屋移転後も引き続き使用する予定だ。こちらは自社保有の不動産となっている。
新本社では、15年ぶりに基幹設備を更新する。地上波とBSの放送設備を一体化した統合マスター設備を導入し、デジタル放送やコンテンツ配信、4K番組制作の拡大などの新しい放送時代に合わせたものとする。オフィス機能の効率化も期待される。

グループの本社移転は、2012年春に発表されていた。計画が明らかになってからおよそ4年半で実現した。新本社には当初より六本木グランドタワーが想定されていた。
六本木グランドタワーは旧IBM本社やかつては六本木プリンスホテルもあったエリアで、住友不動産が一帯を再開発した。オフィス棟は地上43階建で延床面積は20万㎡を超える。オフィスのほか住居棟やホテル ヴィラ フォンテーヌ六本木、美術館として泉屋博古館分館が設けられる。隣接する複合ビルの泉ガーデンと一体運用し、南北線の六本木一丁目駅と直結するなど新たなランドマークタワーとなる。

テレビ東京は、1964年4月に東京12チャンネルとして開局。1981年に現在の社名テレビ東京に変更した。首都圏のキー局としては後発ではあるが、日本経済新聞と連動した経済報道やバラエティ番組を得意として業績を伸ばしている。またアニメ事業の強さに定評があり、国内外のアニメビジネスのキープレイヤーとなっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. メディア芸術クリエイター育成支援事業
    徳間記念アニメーション文化財団(三鷹の森ジブリ美術館)は、2016年12月1日より「平成 28 年度…
  2. アニメ特撮アーカイブ機構
    アニメや特撮の映像制作の際に生まれた原画やセル画、ミニチュア模型などの中間制作物の保管を目指して、映…
  3. 『千と千尋の神隠し』
    世界最大規模の国際アニメーション映画祭であるアヌシーは、映画文化だけでなくMIFAに代表されるビジネ…
ページ上部へ戻る