細田守監督、東京国際映画祭レッドカーペットに 「たくさんの人に観られる作品を目指す」

細田守監督、東京国際映画祭

アジア有数の国際映画祭として注目を浴びる第29回東京国際映画祭が、10月25日より六本木をメイン会場に9日間の日程で開幕した。25日夜にはEXシアター六本木にてオープニングセレモニーを開催。安倍晋三総理大臣や、映画祭のために来日した名女優メリル・ストリープらも姿を見せて、国際イベントを盛り上げた。
オープニングに先立って、六本木ヒルズ・アリーナに敷かれたレッドカーペットを正装、ドレス姿の国内外のスターや映画関係者380名が映画ファンの目の前を歩き、国際映画祭らしい華やかさを演出した。取材に集まったマスコミは757名にも達し、会場の様子はインターネットを通じてライブ配信され、会場を超えて多くのファンに届けられた。
安倍首相は、クロージン作品の『聖の青春』を主演した松山ケンイチ、オープニング作品『マダム・フローレンス! 夢みるふたり』の主演・メリル・ストリープに言葉を交わしながら映画祭に対する期待を語った。

映画ファンだけでなく、アニメファンからも注目されたのはアニメーション監督・細田守だろう。アニメーションへのフォーカスにも力を入れる映画祭のアニメ特集3年目として、2016年は「映画監督 細田守の世界」とタイトルして、監督の初期作品から映画『バケモノの子』まで一挙上映をする。細田監督は、スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサー/代表取締役、アニメ・特撮研究家の氷川竜介らと共に姿をみせた。
特集企画が設けられたことについて、「たくさんの(自分の)作品があるけれども、一遍に観る機会をこの場所で得ることが出来て光栄です。みなさんと一緒にまとめて振り返ることで、次にどんな作品を作るか考えられれば」と次回作への意欲を見せた。また、現在の日本アニメ業界について尋ねられると、「どんな年にも、興行に占めるアニメの位置は大きくなっています。ただ興行だけでなく、内容でもたくさんの人に観られる作品を目指して作って、存在感をアピールしたいです」とアニメ映画の持つ役割を語った。

また、今年はアニメからは、よりアニメファンに向かった特別企画「TIFFアニ!!」が設けられる。10月31日に東京国際フォーラム ホールCに、最新の話題作、人気声優が集まり、エンタテインメントのたっぷりのステージを繰り広げる。
そのなかでスペシャル映像が上映される伊藤計劃原作のSF劇場アニメ『虐殺器官の』から、ふたりの声優も登場し、映画祭を盛り上げた。クラヴィス役の中村悠一、虐殺の王ことジョン・ポール役の櫻井孝宏である。ふたりはアフレコの思い出と共に、「重厚な作品」、「演じるのが難しいハードルの高い作品だった」「アニメーションであるけれど、ひとつのドラマ」などと語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る