「ドラゴンボール超 ブロリー」主題歌 三浦大和が2019年上半期アニメチャート1位

音楽

 6月17日、音楽チャートのBillboard JAPANが「2019年上半期チャート」を発表した。総合チャートやアーティストチャートと並び、総合アニメソング・チャートも明らかにされた。
 アニソンチャートでは、1位に三浦大知が歌う『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』の主題歌「Blizzard」が輝いた。第2位は『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし』のためにあいみょんが書き下ろした主題歌「ハルノヒ」。あいみょんはアーティス部門でも1位だった。

 三浦大和はFolder のメインボーカルとして1997年にデビュー、2005年にシングル「Keep It Goin’ On」でソロ・デビューした。リズム感のある歌唱と切れのあるダンスで人気が高い。
「Blizzard」は2018年に公開され国内だけでなく、海外でも大ヒットとなった『ドラゴンボール超 ブロリー』の主題歌に起用された。YouTubeで公開されたミュージックビデオは、4日間で100万再生に到達する注目を集めた。
 楽曲タイアップはこれまでにも多く、アニメでは『寄生獣 セイの格率』エンディングテーマの「IT’S THE RIGHT TIME」がある。しかし、劇場アニメ主題歌は初で人気アーティストと人気アニメの相乗効果が話題に結びついた。

 Billboard JAPANは、米国のBillboardのノウハウに基づきチャートを算出している。従来のCDセールスやダンウンロードなどの楽曲販売に加えて、いち早くSNSや動画サイトなどの動向をチャートに盛り込んでいる。街中の体感に近いヒットを可視化している。
 ラジオオンエア回数、CDセールス、ストリーミング回数、ダウンロード、Twitter、動画再生、カラオケの8種類のデータを用いている。

 総合アニメソング・チャートは、Billboard JAPAN Hot 100のなかからテレビアニメ、劇場アニメとのタイアップ曲、アニメ声優による楽曲をピックアップしている。アニメ主題歌に大物アーティストを起用する流れが続いていることもあり、ランキング上位もそうしたアーティストの楽曲が多く並ぶ。
 そうしたなかで9位にランキングした「ADAMAS」のLiSAはアニソンと中心に活躍している。また10位の「僕らの走ってきた道は…」はアニメと連動するアイドルユニットAqoursが劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!』の主題歌として歌ったものだ。
 また最新曲が多いヒットチャートのなかで、2年近く前にリリースされた「打上花火」(DAOKO×米津玄師)が3位にランキングされているのが際立つ。こちらは映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌だ。

Billboard JAPAN HOT ANIMATION 2019年上半期チャート
総合アニメソング・チャート

1 Blizzard  三浦大知 
 (『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』)
2 ハルノヒ  あいみょん 
 (『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし』)
3 打上花火  DAOKO × 米津玄師
 (『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)
4 I beg you Aimer(エメ)
 (『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」 II.lost butterfly』)
5 ピースサイン  米津玄師
 (『僕のヒーローアカデミア』)
6 THE GIFT  平井大
 (『ドラえもん のび太の月面探査記』)
7 Touch off  UVERworld
 (『約束のネバーランド』)
8 BLUE SAPPHIRE  HIROOMI TOSAKA
 (『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』)
9 ADAMAS  LiSA
 (『SAO アリシゼーション』) 
10 僕らの走ってきた道は…  Aqours
 (劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』)

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 鵜飼恵輔氏
     2019年5月24日に全国195館規模で公開をスタートした劇場アニメ『プロメア』が、大きな話題を呼…
ページ上部へ戻る