カドカワの企業調査レポート:フィスコが発表


0202

投資情報のフィスコは、7月4日に出版・映像・音楽・ネット事業の総合エンタテイメント会社であるカドカワの企業調査レポートを発表した。レポートは14ページにわたり、2016年3月期決算の評価した。また、老舗出版社とコンテンツプラットフォームにの統合により誕生したカドカワの事業の概要を紹介している。
レポートでは電子書籍事業が想定以上と評価、さらにKADOKAWAの大規模な構造改革が収益の改善を進め、好業績になったと評価する。一方で2017年3月期は積極投資のため減益、中期経営計画の達成も遅れる見込みと評価する。

FISCO http://www.fisco.jp
[カドカワ] 
今期は新規事業の開始や既存事業の業態変更のための積極的な投資を実行
http://pdf.irpocket.com/C9468/pTWD/WimG/eXMH.pdf

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る