小原秀一がキャラクターデザイン 3DCGアニメで60秒、アットホームCMに登場


不動産情報サービスのアットホームが、ちょっぴり心が暖まるCGアニメーションの広告を8月10日から放映開始した。作品「athome.CO.JP編」、フル3DCGのアニメーションで描かれている。コマーシャル映像としては尺の長い60秒バージョンを公開、アニメの魅力がたっぷりと味わえる。
CMはストーリー仕立てになっており、海の絵を描くのが好きな青年が都会を離れて海の見える部屋に住みたいと思い部屋を探し始めるところからスタートする。そこにアットホームのオリジナルロボットキャラクターが現れて、一緒に物件を探しはじめる。短い中で、キャラクターの魅力と不動産情報サービスへの理解を伝える。

このアニメーションのキャラクターを、実力派アニメーター・演出の小原秀一が担当しているのも話題だ。小原は劇場映画『MEMORIES』の「大砲の街」のキャラクターデザイン・作画監督や、大友克洋監督の『火要鎮』のキャラクターデザイン・ヴィジュアルコンセンプトを務めている。監督・演出も含めて多彩な活躍をする。今回のCMでは小原らしい素朴で味わいのあるキャラクターを実現した。まるでストップモーション・アニメーションのようなCG映像にマッチしている。
小原以外にも才能たっぷりのアーティストが並んだ。背景に流れる音楽はシンガーソングライターの高橋あず美によるものだ。爽やかな歌声が映像の効果を盛り上げる。
そして2015年12月から先行して発表、活躍してきたオリジナルロボットキャラクターは、末武康光のデザインだ。『スチームボーイ』や『青の祓魔師』など数々の美術設定などを手がける人物である。

近年、企業や製品広告でオリジナルのアニメーションを制作するケースが増えている。しかも、テレビアニメや劇場アニメで活躍する有名スタジオやクリエイターを起用するケースも少なくない。作品はプロモーションであると同時に、エンタテイメントになっている。そうした本格派が、視聴者に受け入れられる理由のひとつでもある。今回のアットホームも、そんなひとつと言っていいだろう。

「athome.CO.JP物語」篇
http://www.athome.co.jp/special/brand/?16sapr=pc_at_top_cm

放映開始 : 2016年8月10日(水)
キャラクターデザイン : 小原秀一
athome.CO.JPデザイン : 末武康光
音楽 : 高橋あず美 (オリジナル楽曲)

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
  2. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  3. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
ページ上部へ戻る