クランチロール、エンタメの専門学校AMGとパートナーシップ締結

AMG

 日本国外向けのアニメ配信の最大手米国クランチロールが、日本アニメ・ゲームの教育支援プロジェクトに乗り出す。2020年8月7日、エンタテイメント分野の教育事業を手がけるアミューズメントメディア総合学院は、クランチロールと奨学金制度のパートナーシップ「クランチロール特別奨学金制度」締結を明らかにした。
 クランチロールが同校のゲーム・アニメ3DCG学科、アニメーション学科の学生1名柄を対象に、2年間の学費全額免除を提供する。奨学金は無償で返還義務はない。受験者のうち審査により選ばれた学生が対象となる。

 奨学金制度はクランチロールが将来性のある有望なクリエイターを発掘し、教育支援をとおしてアニメ業界の発展に寄与することである。
 AMGとクランチロールは、日本アニメが世界で注目を集める一方で、制作現場でのクリエイター不足が常態化していること懸念する。優秀なクリエイターを世に送り出す一助として今回の試みを決定した。

 クランチロールは海外向けの日本アニメ配信プラットフォームで世界最大。近年はオリジナルアニメなど、独自の製作・制作にも積極的だ。
 AMGはエンタテイメント分野での専門教育校として1994年に設立。アニメ、ゲーム、キャラクター、イラスト、マンガ、小説、声優など多彩コースを設置する。現在は専門職大学の設立も視野に入れている。アニメーション学科では「アニメーター・監督専攻」と、「制作・プロデューサー専攻」を設けている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る