イーブック第2四半期は赤字拡大 ブークス吸収合併で売上高は69%増

ファイナンス決算

電子書籍配信サービスのイーブックイニシアティブジャパンは、9月6日に2017年1月期第2四半期(2016年2月~7月)の決算を発表した。期中、5月1日にオンライン書店運営のブークスを吸収合併したことから、連結売上高は49億8200万円と前年同期比で69.2%と大きく増加した。
しかし、営業損失が1億1200万円、経常損失は1億1000万円、四半期純損失は7300万円と、前年同期に引き続き赤字となった。電子書籍事業の伸び悩みが響いた。

電子書籍事業のうち電子書籍配信の売上高は25億3700万円、電子書籍提供は1億3700万円だった。
またクロスメディア事業が23億700万円と大きく伸びた。紙書籍のネット販売やタイアッププロモーション、中国向けの事業、モバイル知育コンテンツの配信が含まれる。ブークスの吸収合併による効果が大きかった。

電子書籍市場は2016年度で1940億円が予測されるボリュームのある市場に育っている。さらに2020年には3000億円規模が期待されると成長性が高い。その一方で、IT企業や出版社、印刷、通信と様々な分野からの事業進出があり、競争が厳しい。イーブックの収益もそうした競争状況が反映している。
競争が激化するなかで、同社の差別化、強みになりそうなのが品揃えである。とりわけマンガ分野が充実している。2016年7月末の段階で17万4000冊(男性マンガ8万2310冊、女性マンガ9万2170冊)を超えるマンガのラインナップを誇る。このボリュームは、数ある電子書籍サイトのなかでも最大規模となる。電子書籍の利用に占めるマンガの割合は依然高く、ユーザーへのアピールポイントになる。

また、ヤフーからのTOBにより、同社の連結子会社になったことも大きいだろう。ヤフーの持株比率は44.6%、今後もイーブックは上場を続けるが、日本最大のポータルサイトとの業務提携は、シナジー効果は勿論だが、認知度拡大にも大きな力を発揮するだろう。
イーブックは通期の連結売上高の予想、前年比32.2%増の95億円とする。また営業利益、経常利益、当期純利益はゼロとして、赤字計上は避ける見通しだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る